プロ野球ヤクルトコラム 来季の構想

プロ野球ヤクルトコラム 来季の構想

2020年シーズンが終わりました。
やっと来季の構想に入れますね。
ヤクルトファンにとっては苦しいシーズンでしたが、
また切り替えて来年取り組んで行きたいところです。

来年も外国人枠が5枠という発表がされました。
今年のルールだとヤクルトの運用で野手2投手3だと思うので、
5人の助っ人外国人は野手2投手3を想定して
構想を考えていきたいと思います。

外国人の残留はスアレスとマクガフのみですね。
エスコバーは当然クビになると思います。
ショートサードであの守備、あの打撃ですから、
普通の査定で行けば残留はないと思います。

逆にエスコバーが残留するようだと、
来年も苦しいシーズンになると思います。

ドラフトでショートの元山を確保したことを考えると、
外国人のポジションはファーストとライトですね。
ファーストは大砲が取りやすいポジションですし、
村上がサードある程度守れる目処が立ったので、
これは間違いないと思います。

後、もう一枠はライトがうまっていないですから、
ライトの選手になると思います。

青木 塩見 外国人
  
  元山 山田(宮本)
村上      外国人
    中村

この様な布陣になるでしょう。
山田のFAがどうなるか微妙ですが、
ここは五分五分とみてます。
山田が抜けたら成長著しい宮本がセカンドということに
なると思います。

ショートはドラフトで取った元山に期待。
西浦、廣岡と併用しながら3人でショートは
乗り切っていく形になると思います。
廣岡はショートで起用して欲しいと考えているので、
外野での起用はしないでほしいですね。
少なくとも内野手としてまだ挑戦してほしいと思います。
23歳ですからまだまだ守備も伸びてくる年齢です。

外国人を取ればFAの選手補強はいらないと思います。
特に30歳に入っているFA選手は、
この後は劣化していくだけなので、
生え抜きの若手を使っていった方がいいでしょう。
FAは残留はまだしも補強はいらないと考えるタイプです。

山田はまだ若いし、怪我が治れば
復活の可能性が大きいので是非とも残留させたいところですね。

オーダーは

1塩見8
2青木7
3山田4
4村上5
5外国人3
6外国人9濱田
7中村2西田、古賀
8元山6廣岡、西浦
9投手1

これが理想ですね。
山田が出て行った場合は2番宮本3番青木で。
外国人野手を二人、良い選手をしっかり取って
このオーダーを実現して欲しいです。

投手についてですが、
ここは小川も石山も残留すると思います。
二人とも好条件を出してますし、
ヤクルト以上の条件を出すところもなさそうなので残留だと思います。

先発

スアレス、小川、奥川、高梨、吉田、石川、高橋、金久保、寺島、木澤、山野

この11名が候補でしょうか。
もう一人の外国人枠は中継ぎのセットアッパーに使うと予想します。

中継ぎ

梅野、長谷川、星、今野

マクガフ、清水
外国人
石山

この様な陣容になると予想。

個人的にはヤクルトの投手は悪くないと思っています。
悪いのは守備ですね。
守備が良くなれば失点は減るでしょう。
特にショートが弱点でエスコバーが守らなくなって、
元山などがしっかり守ってくれたら失点は減ると思います。

ヤクルトが今年負け続けた理由は野手ですね。
投手の能力は神宮を考えると平均レベルはあると思います。
今年は特に坂口とエスコバーが攻守に足を引っ張って苦労しました。
撃てる大砲のファーストと守れる内野守備になれば、
すぐに戦績は改善されると思います。

FA組が残留して、新外国人をしっかり取れば、
来年でも優勝出来ると思ってます。
今年のオフの戦力補強、特に外国人をしっかりやって欲しいですね。
FA流出も無しか最小限に済ませて欲しいです。

坂口とエスコバーを使わないようにすれば、
ヤクルトはすぐ強くなります。
FA残留+外国人をしっかり補強して、
来シーズンに臨んで欲しいです。

外国人も5枠に5人はギリギリなので、
野手3、投手4の最低7名での運用にして欲しいと思います。