2020年ドラフトについて

2020年ドラフトについて

今年のドラフトについての意見を述べたいと思います。
まず今のヤクルトに必要なのは野手。
使える野手の絶対量が足りません。
戦力外クラスの田代と嶋がスタメンに入ってきている状態。
いくら良い投手が入っても点が取れないから結局
勝てないという状況になってます。
野手指標が12球団最下位なのでまずは野手をなんとかしないと
試合になりません。投手を補強するのは後。
今年のFAで小川や石山が抜けるとしても、
まずは野手の補強が第一だと思います。
ドラフトで確保して欲しいのは、捕手、ショート、センター。
この3つのポジションを1~3位を使って補強して欲しい。
捕手は古川、センターは五十幡を1位、2位で取れば良いでしょう。
ショートは3位でその時点で一番守備の評価が高い人を取れば良いと
思います。

1位古川
2位五十幡
3位ショート

この様な指名が理想ですね。

投手は駒が足りないかもしれませんが、
まずは守備を改善して、投手が投げやすい環境を作る事が先決。
小川GMは投手中心と言っていましたが、今年こそヤクルトは
野手中心のドラフトをするべきだと思います。

青木 五十幡 塩見
  新人 宮本
村上     外国人
   古川

1塩見9
2五十幡8
3青木7
4村上5
5外国人3
6宮本4
7古川2
8新人6
9投手1

これくらい野手をガラッと入れ替えた
来年のオーダーがみたいですね。