プロ野球ヤクルトブログ 廣岡、塩見の1、2番

昨年、終盤に廣岡、塩見の1、2番を試していましたが、
今シーズンもあるかもしれない打順ですね。

1廣岡5
2塩見8
3青木7
4山田4
5村上3
6エスコバー6
7中山or雄平9
8中村2
9投手1

こうみると1番廣岡2番塩見が機能するかどうかが鍵ですが、
打線のバランスは良くなりそうな感じあります。
山田に4番を打って貰って打線の角にする。
村上は5番で長打狙って行くみたいな打線が出来そうです。
廣岡、塩見が昨年の終盤見せたような、
成績を見せてくれればこの打順はありだと思います。
それだけに今年は廣岡と塩見の出来が鍵になります。
将来のスワローズの為に、この二人は成長して
スタメンに定着して欲しいですね。