プロ野球ヤクルトコラム 来期の投手陣

来季の投手陣について考えてみたいと思います。
現在交渉中の様ですが、新外国人投手を補強するようです。
狙っているのは先発投手で、
この投手が今シーズンの目玉投手になるのかなと思ってます。
交渉が決裂したらブキャナンが延長するようですが、
控えを厚くする意味でも、競争の意味でもブキャナンも
契約して欲しいと思います。

構想は

先発が

小川、石川、イノーア、新外国人、高橋

この5人は先発で堅そうです。
残り1枠とバックアップが
山田、清水、奥川、高梨、大下、原
星、吉田、杉山、大西、田川

といった辺り。

吉田に関してはセットアッパーに回るかもしれないので、
分らない所ですね。
先発なのか中継ぎなのか。
まずは中継ぎからスタートしそうな感じはあります。
いずれにせよ、来季は競争がありそうな感じで、
まずまず良い補強ができたのではないでしょうか。

中継ぎが

中尾

梅野、マクガフ、近藤

抑え

石山

この辺ですかね。
ハフが退団して、
その枠を先発にしているので、
中継ぎは1枚落ちている感じ。
梅野は伸び盛りで、来年はセットアッパーで
フル回転してくれそう。
中日の浅尾の様な活躍を期待したいですね。
(怪我しない程度に)

後は、球が速そうな選手はそこそこいますから、
杉山、吉田、星、風張あたりが入って来そう。

来季の投手陣はまず先発を固める感じで入っていますが、
先発が長いイニングをなげられれば、
中継ぎも楽になるものです。

先発陣の底上げによる中継ぎの改善にも期待していきたい。

後は若手では、ウインターリーグで活躍している
ジュリアス、金久保。
戦力外から補強した今野やソフトバンクの育成選手だった
長谷川などにも期待できそう。
市川あたりも伸び盛りで成長に期待したいですね。

中継ぎではハフが抜けた分左の争いが始まりそうですが、
久保もそこそこ良さそうです。
坂本もスピードはあるので期待したい。
中尾、久保、坂本の3人で左の中継ぎ2枠期待したいですね。

個人的には

左は

中尾と久保

右は

マクガフ、梅野、吉田、石山、(大下、清水など中継ぎロング枠一人)

という感じがいいかなと思ってます。

先発は

小川、石川、イノーア、新外人、高橋、原(復活を期待して)

こんな感じの投手陣でいければ理想ですね。
夏頃先発陣がバテ始めた所に、
奥川登場というシナリオがいいと思います。

いずれにせよ、補強や成長によって、
来季のヤクルト投手陣はかなり劇的に
よくなると思うので期待しています。

ショートにエスコバーがはいって守備がよくなるのも好材料。
バレンティン退団濃厚で外野守備もよくなりそうなのも
投手陣にとって好材料だと思います。

ネジ