プロ野球ヤクルトブログ 来期の理想オーダー

バレンティンの去就がきまってないので、
どうなるか分りませんがヤクルトの来季オーダーを予想。
バレンティンが報道通り退団した場合で考えます。
そうなると青木をレフトにして、負担を少なくしていきたいですね。
外野で一番楽なレフトでバッティングに集中してもらう感じで。
センター、ライトを

塩見、山崎、坂口、雄平、中山

この辺で争う感じでしょうか。
渡辺なんかも成長したらチャンスはありそう。
ウインターリーグで活躍している吉田の
コンバートなんかもあるかもしれません。
さらにはセンター候補をトレードで取ってくる可能性も。
とりあえず現状のメンバーで考えると、
やはり若手の塩見と中山でいきたくなりますね。
この二人とも去年それなりに活躍する片鱗見せました。
塩見は9月に打率3割以上有りましたし、
中山も不調になるまではそこそこ打っていて
打率280、ホームラン5本ぐらい打っていたと思います。

ポジションは塩見がセンター、
中山がライトがベストかと。
両者とも守備が怪しいですが、
成長込みで我慢して使うべきかと思います。
若いので守備の上達も有ると思いますし、
なにより慣れればよくなっていくと思います。

オーダーは

1塩見8
2青木7
3山田4
4村上3
5中山9
6エスコバー6
7廣岡5
8中村2
9投手1

こんな感じで。
村上4番が早いという人もいますが、
去年打点90稼いでる選手ですし、
一発がある打者がランナー有る場面で回るのが
怖いと思うので4番は村上で。
残ったランナーをミートに長けた中山で返すというのが良いと思います。
こうやってオーダーを書いてみると
バレンティンが抜けてもやって行けそうだなと思えてきます。
ポジティブ過ぎるかもしれませんが、
若い選手の伸びしろに期待するのもシーズン楽しそうです。
バレンティン自体はヤクルトで引退して欲しい選手ですので、
残ったら4番バレンティン、5番村上でいってもいいと思います。
これはこれで得点も期待できそうな感じです。
守備位置はレフトバレンティン、センター塩見、ライト青木になるかもしれません。
戦力的にはやはり残ってくれた方が強そうですね。
中山を代打にすることができますし。
怪我人等を考えるとやはりバレンティンが残った方が強いと思います。
まぁバレンティンが残ったにしろ、出て行ったにしろ、
楽しみがある来シーズンになると思います。